ワンピース1115話ネタバレ|史上初の海賊ジョイボーイの謎が判明!?

ワンピース 1115話: 発売日

2024年5月27日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1115話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。ただし!ワンピース は、2024 年5月23日onepieceraw.netに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

ワンピース 1114話: 要約とレビュー

それはまた歴史探究は世界滅亡に繋がるような重罪であるという位置付けにしているとも言えるわけですが、古代兵器という存在は世間的には実在すら証明できないような都市伝説的なものなんじゃないかと思いますので、やはり不都合な事実を隠す為に大袈裟な理由を作っているに過ぎないような気がします。

物語の中では古代兵器は実在する事と明らかになっていますが、世間ではそんなものが実在するなんていう意識は希薄でしょう…

👉今すぐ読む: ワンピース 1114話 RAW – One Piece 1114 RAW

しかし、考古学的に考えると古代兵器の存在を世界政府が認めているという事は考古学者達にとっては『古代兵器というものが実在するなら誰がいつ作ったのか?』という興味や疑問に繋がりますよね…

歴史探究を禁じる理由が、その罪を犯す事を助長してしまっているとも感じられ、それなら他にもっと違う理由を作るべきだったのではないかと思いますが、結局、世界政府は不都合な事実を隠す為に有効な手段を見出す事ができなかったのだという事になるでしょう…

それらの事から、ベガパンクは世界政府が本当に隠したいものは何かという事について知ろうとして罪を犯したのではないかと思います…

過去に存在した高度な文明の存在、また、その文明が持っていた思想、更に世界海没という未来…

ワンピース 1115話: ネタバレと予想

ワンピースネタバレ最新話1115話の考察 巨大な王国は奴隷を支配した悪政の国でジョイボーイの敵⁉

ワンピース1115話ではジョイボーイは高度な文明を持った王国の出身で、世界で初めて海賊と呼ばれた人物だと判明したんだ。

ジョイボーイは巨大な王国生まれで、ひとつなぎの大秘宝を残した海賊の可能性が高くなったね。

今までのニカやジョイボーイの扱いを考えると、ジョイボーイが奴隷を解放するために戦った可能性が高いんじゃないかな。

でも、空白の百年に奴隷を支配し圧政を敷いた国があったと仮定すると、現時点で一番怪しいのは巨大な王国だよね。 20人の王とジョイボーイは、意外な関係だった可能性も見えてきたよ。

だから、これまでの事実を元に下記について考察していくね。

ワンピースネタバレ最新話1115話の考察マザーフレイムの正体は、水の中の炎が鍵?

1115話では、ナミやチョッパー達を退けたサターン聖がパワープラントでマザーフレイムを発見したんだ。

マザーフレイムは水の中で燃える炎だと判明してて、上部には「A&Mu」の文字が書かれてるんだ。

ベガパンクは、「この世界を大きく未来へ進めたい一心で、私は太陽に近づきすぎてしまった」と語り出したんだ。

マザーフレイムの水中の炎は水素爆弾を表してるかもしれないね。

水素爆弾は原子力を起爆装置として核融合反応により莫大なエネルギーを放出するんだけど、1060話でマザーフレイムが使われた時も複数のエネルギー波が放出されてたからだよ。

One Piece: Tại sao Vegapunk có thể giúp Luffy kích hoạt Gear 6

それに、水素爆弾が生み出すエネルギーは高温の熱を帯びてるから、水素と熱エネルギーが共存する仕組みを水中の炎と表現してるんじゃないかな。

それから、マザーフレイム上部にある「A&Mu」をローマ字読みでアトムと読むと、日本語に訳すと原子力って意味になるんだ。

さらに、ベガパンクが話す太陽の中では水素の核融合反応が常に起きてるから、水素爆弾に母なる炎の名前を付けたのも納得だよね。

だから、マザーフレイムの正体は太陽の研究を行ってたベガパンクがたどり着いた、水素爆弾なんじゃないかな。

ワンピースネタバレ最新話1115話の考察A&Muが意味する世界の結末とは?

1115話では、ナミやウソップ達を退けたサターン聖がパワープラントでマザーフレイムを発見したんだ。

ベガパンクは、「この世界を大きく未来へ進めたい一心で、私は太陽に近づきすぎてしまった」と語り出したよ。

マザーフレイムは大きな機械の中には水中の炎があり、上部には「A&Mu」という文字が書かれてたんだ。

はアトランティス島とムー大陸の結末に沿って世界が沈むことを示唆してるかもしれないよ。

なぜなら、Aが頭文字のアトランティス島は、大地震と洪水によって海底に沈んでるから、ベガパンクが語ってる世界が海に沈む結末と似てるからさ。

また、アトランティス島が沈んだのはノアの大洪水が原因とも言われてて、魚人島のノアの箱舟が待ち続けてる来るべき日こそが世界が海に沈む日と予測されるんだ。

さらにMuが頭文字のムー大陸は、巨大地震による火山の大噴火と大津波により海底に沈没してたから、大噴火と大津波を水中の炎と描写した可能性が高いんだ。

だから、アトランティスやムー大陸の神話になぞらえて、世界は地震による洪水と火山の大噴火で沈むと語られるんじゃないかな。

ポーネグリフを解析して世界が海に沈むことを知ったベガパンクは、世界の科学を大きく進めることで、世界を救おうと考えたのではないかな。

All in One "Trận Chiến Hay Nhất Vua Hải Tặc Phá Hủy Tổng Bộ Hải Quân" Review Tóm Tắt Anime One Piece - YouTube

ワンピースネタバレ最新話1115話の考察魚人が世界から差別されているのは政府の策略!?

「ワンピース」1115話では、ベガパンクの口から世界が海に沈むという衝撃の事実が語られたね。同時に、「なぜ魚人族が世界から差別されてきたのか?」も明らかになった気がする。

なぜなら、全てが海に沈んだ世界では、水中でも呼吸を行える魚人族こそ、覇権を握る種族だからさ。

また、魚人族の手中には世界が沈んだ際に、地上人の希望となり得るノアがあるんだ。 そして、ノアはジョイボーイが魚人族と結んだ約束を果たすため、今日まで守られ続けてきた舟なんだ。

このことから、ジョイボーイにとってはノアが必要になるような状況こそ、望んだ世界の形だったと考えられるね。 ジョイボーイと魚人族は、世界が海に沈むことを望んでいた種族だったとも言えるよ。

陸の支配者である世界政府からすれば、彼らは野蛮な一族でしかないだろうね? そのため、世界政府は魚人族を差別すべき対象として、今日まで虐げてきたのかもしれないね?

下記の記事では魚人族が差別されてきた理由や、世界政府が講じてきた魚人対策について考察しているよ。興味がある方はぜひご覧ください。

ワンピース 1115話:どこで読むか

ワンピース 1115は、2024 年 5 月23日に「onepieceraw.netに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす

👉今すぐ読む: ワンピース 1114話 RAW – One Piece 1114 RAW

結論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です