ワンピース1114話ネタバレ|イカロスの翼の意味

ワンピース 1114話: 発売日

2024年5月13日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1114話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。ただし!ワンピース は、2024 年5月9日onepieceraw.netに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

ワンピース 1113話: 要約とレビュー

ナミ達の元に何者かの足が出てきて、ラボフェーズへと昇ろうとしていました。

足の形から間違いなくサターン聖ではないかと思います。

その狙いはサニー号の破壊ではないでしょうか。

👉今すぐ読む: ワンピース 1114話 RAW – One Piece 1114 RAW

彼らもベガパンクから話を聞いた者達なので始末の対象に入っている事でしょう。

ただその前に逃げれないようにサニー号を破壊するつもりでやって来たのだと思います。

マーズ聖はパンクレコーズの内部に入り、電伝虫を発見しました。

これが普通のだったら気づかれなかったと思いますので、これはベガパンクの失態でしょう。

マーズ聖からすれば、発見した以上放置するわけにはいきません。

このまま放置したら、世界が大きく変動してしまうからです。

なので躊躇する事なく破壊するんじゃないでしょうか。

One Piece | Spoilers completos do mangá 1111 – "O Escudo Solar"

ワンピース 1114話: ネタバレと予想

ワンピース1114話ネタバレはギリシャ神話がモチーフ?

第1114話のタイトルは『イカロスの翼』みたいなんだけど、それってギリシャ神話の有名な話の一つだよね。

ギリシャ神話をモチーフにしてる部分があるよね。例えば、三大古代兵器の名前なんかがそうだよね。

ウラヌス、プルトン、ポセイドン…

ウラヌスは宇宙を神聖なものとして見立てた天空の神で、神々の王さまって感じだよ。

プルトンはギリシャ神話の冥界を支配するハーデスのローマ版の名前だよね。

ポセイドンは海の支配者で、海皇って呼ばれてるよ。

それに、地獄の番犬のケルベロスやスフィンクス、バシリスクなんかの怪物も出てきたり、CP-0の正式名称のイージスは、戦の女神アテナが持つ防具の名前だったりするんだ。

それから、五老星の火星、水星、木星、金星、土星もギリシャ・ローマ神話の神々の名前だよね。

他の文化圏の神話、例えばインドやエジプト、日本や北欧の神話もモチーフに使われてるけど、根幹はやっぱりギリシャ・ローマ神話だと思うんだ。

神話って言ったら、大抵の人が思い浮かべるのはギリシャ・ローマ神話じゃないかな。でも、それが世界中の神話に大きな影響を与えたとも言われるし、ちょっと大げさかもしれないけど、神話のルーツはギリシャ・ローマ神話って言えるかもしれないよ。

だから、の物語の根底にはギリシャ・ローマ神話があるんじゃないかって思うんだけど、そうだとしたら『イカロスの翼』と本編はどう繋がってるのかな…?

ワンピース1114話ネタバレイカロスの翼について

イカロスの翼って、ギリシャ神話の有名な話だよね。ざっくり言うと、こんな感じだよ。

クレタ島の王ミノスは、息子のミノタウロスを迷宮ラビュリントスに閉じ込めて、若者のテセウスを生贄として送り込んだんだ。でも、テセウスに惚れたミノスの娘アリアドネは、ダイダロスとイカロスから迷宮の脱出法を教わって、テセウスに伝えて、2人は迷宮から脱出して島から逃げたんだ。でも、その攻略法がバレて、ダイダロスとイカロスはミノスに怒られて迷宮に閉じ込められちゃったんだ。

でも、ダイダロスは蜜蝋で鳥の羽を固めて翼を作って、空を飛んで迷宮から脱出したんだ。でも、ダイダロスは、翼が海に近づくと湿気で重くなり、太陽に近づくと熱で翼が溶けちゃうから、太陽には近づかないようにってイカロスに忠告したんだ。でも、イカロスは興奮して空を飛びたくて、太陽に近づいちゃって、翼が溶けて墜落してしまって、亡くなっちゃったんだ。

この話は、人が作り出した技術に過信することを戒める意味があって、バベルの塔の話と似てるんだけど、第1114話ではベガパンクがマザーフレイムについて言及してるから、マザーフレイムがイカロスの翼の例えなんだろうと思うんだ。

人が自分たちで作ったものが滅びにつながるっていう意味がそこにあるんだけど、だとすると、ベガパンクが言う世界海没の未来はマザーフレイムによってもたらされるってことになるのかな…?

それとも、900年前の高度な文明を持つ巨大な王国自体がイカロスの翼で、ジョイボーイがイカロスだったってことなのかな…?

いろんな見方ができるけど、個人的には、ここでバベルの塔じゃなくてギリシャ神話のイカロスの翼が使われてるのは、ONE PIECEの根底にギリシャ・ローマ神話のイメージがあるっていう証拠じゃないかと思うよ。

だから、やっぱり聖地マリージョア以前にあった『神の国』は…?

Luffy Gear 5 : tutte le informazioni su Luffy Gear 5 in One Piece - Alucare

ワンピース1114話ネタバレレッドラインの上の『神の国』

過去に、白ひげが酔うたびにマルコたちによく話していたとされる聖地マリージョア以前に存在したとされる神の国の名前は『オリンポス』じゃないかと考えたんだけど、ONE PIECEの根幹にギリシャ・ローマ神話のイメージがあるなら、その可能性は高そうだよね。

オリンポスは神々が住む山で、それはレッドラインの上の高地に重なるイメージがあるし、ONE PIECEの世界でもウラヌス、プルトン、ポセイドンは『神の名』として扱われてるから、そう考えるとマリージョア以前に神の国があったとしたら、その名前がオリンポスだったらしっくりくる気がするんだ。

それから、空白の100年に存在した巨大な王国は今は跡形もなく消えてるけど、それはアトランティスやムーを連想させるね。

ムーはギリシャ・ローマ神話には関係ないけど、アトランティスはポセイドンに関係ある名前の首都があるから、実際に関係があるかもしれないし、その高度な文明は神の国に由来するものだろうと思うんだ。

それに、そこにいた神々は月の民かその末裔だったかもしれないけど、そうなると月の文明もギリシャ・ローマ神話のイメージかと思っていたけど、壁画を見るとマヤ文明やアステカ文明のイメージが強い…

一つの文化圏の神話に偏るのはナンセンスだけど、やっぱり根底にあるのはギリシャ・ローマ神話だと思うんだよね。

ギリシャ神話にはティターン神族とオリンポス神族の戦いであるティタノマキアや、オリンポス神族と巨人の戦いであるギガントマキアという大きな戦いがあったけど、空白の100年の戦いはそれに相当するし、これから始まるであろう巨大な戦いはそれを上回るような、世界の覇権と運命を決めるような戦いになるんじゃないかと思うんだ。それがベガパンクのメッセージの始まりなのかもしれないね。

ワンピース 1114話:どこで読むか

ワンピース 1114は、2024 年 5 月9日に「onepieceraw.netに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす

👉今すぐ読む: ワンピース 1114話 RAW – One Piece 1114 RAW

結論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です