ワンピース1113話ネタバレ|五老星の正体が世界に配信!イム様が…

ワンピース 1113話: 発売日

2024年4月29日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1113話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。ただし!ワンピース は、2024 年4月25日onepieceraw.netに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

ワンピース 1112話: 要約とレビュー

全ての種族が仲良く共存共栄する世界…

それはおそらく誰もが望む事だと思います…

少なくとも、その方がいいと考える人が大多数を占めると思います。

👉今すぐ読む: ワンピース 1113話 RAW – One Piece 1113 RAW
誰も差別や迫害や争いなんて、したくないし、されたくもないでしょうから…

それはやはり簡単な事ではないのを誰もが知っていますし、実際にそうですよね…

しかし、やはり支配者層からすれば世界が変わるのは困るという嫌でしょうね…

王がいて、民衆はそれに従うもの…

共存共栄の世界が実現されたなら、それはおそらく多くの支配者が権力を失くす事につながる可能性が高いでしょう…

また、多くの国は人間が王として君臨していますが、やはり支配者階級は他の種族を嫌ったり蔑んだりするものですし、同等の存在になる事など絶対に許せない…

世界を変えようとすれば、今、権力を持っている人間を変えないと変えきる事ができないのではないかと思うんですよね…

世界政府は力づくで世界の変革を阻止してきたわけですが、やはり反抗勢力は生まれてきますし、現に今、そういう状況にありますよね…

One Piece: Gear 5 Luffy Dub Debut Streaming Date Announced

ワンピース 1113話: ネタバレと予想

ワンピースネタバレ最新話1113話の考察|ベガパンクの狙いは熱電素子による冷却?

1113話では、マーズ聖がヨークと合流してパンクレコーズと配信電伝虫にたどり着き、「ゴボ、ゴボボ」という音の元を見ていました。

ベガパンクの発表まで1分を切る中、ベガパンクの口から熱電素子によりコーヒーの熱を冷却出来ると語られます。

ベガパンクは熱電素子の効果で、パンクレコーズもろとも襲撃者を冷却しようとしているかもしれません。

その理由は、1064話でベガパンクは襲撃者が来ることを予測している描写があり、科学の力を使って対策している可能性があるからです。

そして、1112話で語られた熱電素子には熱を流すと冷却する特徴があるため、マザープラントの熱を利用した冷却効果の範囲や威力は計り知れません。

更に、パンクレコーズでは「ゴボ、ゴボボ」と水の音が鳴っているため、ベガパンクの脳が水の中に保管されていれば冷却により瞬時に固まる可能性も高いです。

したがって、10分の待機時間で襲撃者が来ることを予測していたベガパンクは、熱電素子の冷却効果でマーズ聖を完全冷却して戦闘不能にするのではないでしょうか。

わざわざ発表までの待機時間を設けたのは、パワープラントの大きな熱を熱電素子に流して冷却するのに時間がかかる事も計算されていたのでしょう。

ワンピースネタバレ最新話1113話の考察|配信電伝虫が無くても世界への発信が可能?

1113話では、ヨークからマーズ聖に対して配信電伝虫の形は三角形のウズ貝タイプという特徴が語られました。

配信電伝虫の声を感じたマーズ聖は、ヨークの案内でパンクレコーズにある配信電伝虫にたどり着きます。

ベガパンクは配信電伝虫が壊されたとしても、パンクレコーズを通じて世界中へ念波を送れるかもしれません。

なぜなら、既にベガパンクはパンクレコーズと繋がるアンテナを開発しているため、世界中の映像電伝虫にアンテナを搭載していた可能性があるからです。

実際、ベガパンクの口からパンクレコーズへ世界中の人がアクセス出来れば良いと語られていましたが、パンクレコーズから世界中へアクセス出来ないとは言っていません。

Kịch Bản One Piece 1110】Ngũ Lão Tinh HIỆN NGUYÊN HÌNH, Gây Sốc Cho Toàn Thế Giới? - YouTube

そして、ベガパンクが頭に装着しているアンテナはパンクレコーズと離れていても問題ないと明言されています。

そのため、世界中の映像電伝虫にパンクレコーズから念波を送れる可能性は高いでしょう。

天才科学者のベガパンクであれば、配信電伝虫という囮を用意することで、本命のパンクレコーズからの念波を隠していてもおかしくありません。

したがって、配信電伝虫を壊したマーズ聖の前で、パンクレコーズから世界中へ念波を飛ばして五老星の正体を暴いていくのではないでしょうか。

ワンピースネタバレ最新話1113話の考察|サターン聖の傷は五老星が不死身ではない証?

世界最高権力に数えられる五老星は、驚異的な戦闘能力の高さを誇っています。 その理由の一つが、どんな傷でも一瞬で治してしまう再生能力です。

ナイフで刺された傷も、千切れた腕も一瞬で治してしまいます。 あまりの再生能力の高さから、「不死ではないか?」と考えられていました。

しかし、五老星は決して不死ではありません。 その証拠が、サターン聖の額に残った傷です。

再生能力でなんでも治せるのなら、傷を残しているのは不自然ではないでしょうか? つまり、額の傷は治さないのではなく、治せない傷だと考えられます。

では、どうすれば五老星の体に、傷をつけるような攻撃を繰り出せるのでしょうか? そこで考えられるのが、ニカの力を用いた攻撃です。

五老星はゴムゴムの実と名前を変えてまで、ニカの力の存在を秘匿し、復活を阻止しようとしていました。 しかし、どんな攻撃も効かない再生能力を持つ五老星なら、ニカが復活したところで脅威にならないはずです。

それでもニカの存在を危惧したということは、ニカには五老星の再生能力を無効化するような力が隠されているからではないでしょうか?

下記の記事では五老星の不死性について、より詳しく考察しています。気になった方はぜひご覧ください。

Luffy cho biết AI là kẻ HẠ GỤC cậu ta nhanh nhất - One Piece - YouTube

ワンピースネタバレ最新話1113話の考察|なぜ鉄の巨人はジョイボーイに謝罪したのか?

ワンピース1113話では、鉄の巨人がついに動き出しました。同時に、「スマナイ…ジョイボーイ」と、ジョイボーイに謝罪の言葉を口にしていました。

謝罪を述べたことから、鉄の巨人とジョイボーイがかつて仲間であったことがわかります。そして、ルフィがニカの力を借りて起動したことから、ジョイボーイからエネルギーを供給されているのではないか、と推測されます。

しかし、なぜ鉄の巨人がジョイボーイに謝罪したのでしょうか?その理由は、鉄の巨人が200年前にマリージョアを襲撃したことと関係があると考えられます。

200年前といえば、リュウグウ王国が世界政府に加盟し、魚人族が人間との友好を模索した時期です。そして魚人族は、ジョイボーイからの約束を破ったことを非難された種族でした。

ジョイボーイと関わりのある両者が、同じ時期に大きな動きを見せたのは偶然ではないでしょう。

このことから、魚人族が世界政府に加盟したのは、ジョイボーイと政府との間に何らかの取引があったことが示唆されます。そして鉄の巨人が、政府との取引を行ったジョイボーイを救おうとしたのではないか、とも考えられます。

下記の記事では、ジョイボーイと鉄の巨人の関係について詳しく考察しています。気になる方はぜひご覧ください。

ワンピース 1113話:どこで読むか

ワンピース 1113は、2024 年 4 月25日に「onepieceraw.netに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす

👉今すぐ読む: ワンピース 1113話 RAW – One Piece 1113 RAW

結論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です