ワンピース1112話ネタバレ|ジョイボーイとルフィとロジャーの夢の果ては同じ?

ワンピース 1112話: 発売日

2024年4月22日(月)発売の週刊少年ジャンプに掲載予定のワンピース1112話のネタバレ最新話確定画バレ速報をお届けします。ただし!ワンピース は、2024 年4月18日onepieceraw.netに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。

ワンピース 1111話: 要約とレビュー

古代ロボはおよそ900年前に作られ、200年前にどこからともなく聖地マリージョアに現れエネルギー不足で停止し、世界政府はその完全な廃棄を命じたものの、当時の科学者達は明らかなオーバーテクノロジーの産物であり貴重なサンプルである古代ロボを廃棄したと見せかけて隠し、今はエッグヘッドに保管されていたわけですが…

古代ロボにはコックピットがなく、人が乗り込み操縦するようなタイプではないと明らかになり、また、ベガパンクですら何を動力としていたのかを解明できていないという事でした…

👉今すぐ読む: ワンピース 1112話 RAW – One Piece 1112 RAW

しかし、ボルサリーノが上陸し、ルフィが二度目にギア5を発動した際にその解放のドラムに反応するような雰囲気で目が光るというような様子を見せていましたね…

解放のドラムをどのようにしてか動力に変換しているように感じられるような描かれ方だと思いますが、普通に考えて音というものが動力になるようには考え難い…

しかし、古代ロボを作った高度な文明はベガパンクさえも到達していないような技術を持っていた可能性が高いと思えます。

もしかしたら、解放のドラムの音色が古代ロボの中にある『何か』を振動させ、その振動がエネルギーを生み出すというような仕組みなのかも?

やはり、何か自分で動力を生み出せるような機関があり、それが解放のドラムの振動により動き出すように作られていて、その機関が一旦動き出すと、ある程度の期間はエネルギー補給無しに活動できたりするのかも知れないですね…

Le COMBAT FINAL entre LUFFY ET KIZARU que LE MONDE ENTIER ATTENDAIT ! ONE PIECE 1090 - YouTube

ンピース 1112話: ネタバレと予想

ワンピース最新話ネタバレ1112話考察|成し遂げられなかった夢

ジョイボーイは、何か大それたことを成し遂げた人物だと思うよ。

でも、彼が本当に成し遂げたかったことは、結局達成できなかったのかもしれないとも思うんだ。

そう考える理由のひとつは、魚人島のポーネグリフに刻まれた「空白の100年」の時代に、古代兵器ポセイドンという人魚姫への謝罪文が存在したこと…

その内容から察するに、ジョイボーイは人魚姫との約束を果たせなかったみたいだ。その約束とは、おそらく魚人島の人々が海から地上に移住することだったんじゃないかな。それが、ジョイボーイが一番成し遂げたかったことに直結していた可能性が高いよ。

率直に言えば、ジョイボーイはリンリンが目指していたマザー・カルメルの理想を追い求めていたと思う。それは、すべての種族が手を取り合って仲良く共存できる世界を作ることだったんじゃないかな。そして、その理想は、『巨大な王国』という形で具現化され、それに不満を持った最初の20人がそれを阻止しようとして戦いが起こったんじゃないかと思う。

ジョイボーイの夢は、すべての種族が仲良く手を取り合って共存共栄する世界をつくることだったんじゃないかと思うよ。

彼の夢の先には、もしかしたら『夢の果て』というものがあったかもしれない。それについては、次の機会に考えてみたいね。共存共栄の世界を作ることは、確かに難しいけれど、不可能な夢ではないと思うよ。

でも、それよりもっと難しいのは、それを妨害しようとする者たちの存在だと思うんだ…

世界を変えようとすると、必ず誰かの都合が悪くなるし、それを阻もうとする人たちが出てくる。力づくで抑えつけても、根本的には何も変わらないんだよね…

Luffy Gear 5 & Shanks Ultimate Combo Against Admiral Kizaru & Fujitora | One Piece Film Red - YouTube

ワンピース最新話ネタバレ1112話考察|夢を阻もうとする者達を変えるには?

すべての種族が仲良く共存し合い、共に栄える世界…

それはおそらく、誰しもが望むことだと思うよ…

少なくとも、その方がいいと思う人が多いと思うんだ。 だって、誰もが差別や迫害、争いなんて望んでないし、されたくもないでしょうから…

それが簡単なことじゃないことも、みんなわかっているし、実際にそうだよね…

でも、やっぱり支配者たちにとっては世界が変わるのは困ると思うんだろうな…

王がいて、民衆はそれに従う、そんな世界…

共存共栄の世界が実現したら、おそらく多くの支配者が権力を失うことになるかもしれないよね…

それに、多くの国では人間が王として君臨しているけど、やっぱり支配者たちは他の種族を蔑んだり嫌ったりするものだし、同じ存在になることは許せない…

世界を変えようとするなら、今権力を持っている人たちを変えないと、本当に変わらないんじゃないかなって思うんだよね…

世界政府は力づくで世界の変革を阻止してきたけど、やっぱり反抗勢力は生まれてくるし、今もそういう状況だよね…

世界を変えるのも、今のままを維持するのも、変えようとする人たちと望まない人たちが互いに理解し合って、最善の答えを見つけないと、不和や争いは絶対になくならないし、同じことが繰り返されるだけだと思うよ。

Luffy Gear 5 vs Akainu: Luffy destroy Akainu with his New Ability | One Piece Fan Anime (Part 2) - YouTube

ワンピース最新話ネタバレ1112話考察|夢の果ては巨大な世界観の現れ?

ルフィとロジャーは、「夢の果て」という待ち望まれるものを持っていて、それは海賊王になり、富と名声を手に入れて初めて成し遂げられるようなことのようだよ。

また、それはとても子供っぽいことで、誰もが笑ってしまうようなもののようだけど、ジョイボーイも同じような「夢の果て」を持っていた可能性は高いと思うんだ。

ジョイボーイの時代には海賊王という概念すらなかったかもしれないけど、ジョイボーイはおそらく世界を変える上で何かを成し遂げようとしていたような気がするんだ。

つまり、共存共栄の世界を作ることが最終目標ではないだろうということなんだけど…

900年前の時代に今以上の高度な文明が存在したという要素が「夢の果て」に関係していそうな気がするんだけど、現代も高度な文明があるから、それはルフィとロジャーと共通する要素だと言えるかもしれないよ。

過去にルフィの「夢の果て」は宇宙進出ではないかと書いてきたけど、今もその可能性はあると思うんだ。

ルフィたちはエネルが月に行ったことなんて知らないだろうし、ベガパンクも宇宙についてはまだ一切言及していない…

でも、オハラには天体模型があって、ワンピース世界でも宇宙に関する研究がされている…

でも、誰も行ったことがないとされているなら、世界一周を果たした後に次に目指す場所は、そういうところかもしれないと思うんだよね…

ワンピース 1112話:どこで読むか

ワンピース 1112は、2024 年 4 月18日に「onepieceraw.netに間もなく投稿される (リーク) と予想されています。随時更新していきますのでブックマークをお願いしす

👉今すぐ読む: ワンピース 1112話 RAW – One Piece 1112 RAW

結論

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です